大阪堺市 | 外壁の塗り替え、外壁リフォームのプロフェッショナル 住宅美人株式会社

コーキングのひみつ 間違いだらけの施工

  • HOME »
  • コーキングのひみつ 間違いだらけの施工

コーキングのひみつ 間違いだらけの施工

現在、外壁にはサイディングボードが多く使われていますが、そのサイディングボードが寒暖差によって伸縮するということをご存知でしょうか?
一般的に、木材が伸縮するということは周知されていますが、硬い素材のイメージがあるサイディングボードが伸縮をするとは思わなかったと言われる方が多いですが、実は木と同じくらい伸縮するのです。

サイディングボードの伸縮に対応するために重要な役割をするのがコーキングです。
コーキングは、その幅、奥行きに、ある程度の「うちしろ」がないと、サイディングの伸縮に対応できずに切れてしまうことになるのです。
輪ゴムを想像してみてください。太い輪ゴムと細い輪ゴムを伸ばした時に、切れてやすいのはどちらかを考えるとその理由がわかりやすいのではないでしょうか。
信じられないことですが、新築当時からこの「うちしろ」が取られていない、もしくは十分ではない物件が多数あるのが現実なのです。

このような物件に対してどのような仕事をするか。この時に、塗料の知識と同時にコーキングの知識が必要となってくるのです。
塗料とコーキング、両方の知識があれば、コーキングのうちしろを担保した上で、劣化を止める為に直射日光や酸性雨からまもる塗膜を塗布、5年保障のコーキングの上から7年保障の塗膜を守る、というような対応ができるのです。

とある塗料メーカーの勉強会での質疑応答で驚くようなことがありました。
参加している塗装業者が、「サイディングの塗装にはどのような塗料が適しているか?」と質問、それに対して塗料メーカーが「ノンブリードポリウレタン」と答えたのです。
サイディングは、裏面に熱がこもる為、熱ぶくれがおこります。
そのため、サイディングの上から塗料を塗るときには、熱ぶくれに強い塗料を使う必要があります。ですから、サイディングの塗料に何が適しているのか?という質問の答えの正解は「ノンブリード変性シリコン」なのです。
ところが、このノンブリード変性シリコンは材料費が高いので、コストダウンの為、ノンブリードポリウレタンを使われることが多々あるのです。
それでは、塗ったときには綺麗に仕上がっても、すぐに劣化を起こしてしまう。

塗料メーカーですらその知識がない、というのが現実なのです。
知識がない故に、コストダウンの為に、サイディングの塗替えにノンブリードポリウレタンを使用してしまう業者がいるのも不思議ではありません。

お問い合せは TEL 0120-16-4986 AM9:00~PM5:00

PAGETOP
Copyright © 住宅美人株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.