大阪堺市 | 外壁の塗り替え、外壁リフォームのプロフェッショナル 住宅美人株式会社

外壁塗り替えチェック

  • HOME »
  • 外壁塗り替えチェック

外壁塗り替え時期 チェック項目

外壁塗装時期のサインとなる症状を紹介します。
サインを見落とさないよう、早めの対応が家の寿命をのばすポイントです。

外壁塗装 塗り替え時期のサイン

チョーキング

外壁塗装のチョーキングとは、外壁の塗装を手で撫でた時に、「白い粉」が手につく現象です。「白い粉」の見た目は、黒板に使うチョークの粉に似ています。
チョーキングの原因は塗装の経年劣化です。塗膜内にある樹脂の結合力が低下することで、白色塗料が塗膜の表面から粉状になり摩耗していきます。チョーキングが発生した時は、塗膜劣化の発生している証拠と思われてください。

クラック

外壁塗装のクラックとは外壁の塗装に発生する「ひび割れ」のことです。外壁の塗装は太陽の熱や雨風に常にさらされており、年月が経つことで、塗装の表面が劣化してひび割れが起こります。「ひび割れ」には、チェッキング、ヘアークラック、クラックの3種類があります。クラックが起こると塗装だけにとどまらず、外壁の下地にまで「ひび割れ」が及んでいる場合があります。雨漏りが侵入する恐れがあるので、早めの補修工事をおすすめします。

カビ、藻(も)、苔(コケ)

カビ、藻(も)、苔(コケ)は、胞子を飛ばし、どんな場所にでも根をおろすことできます。石やコンクリート、サイディングや木などでも繁殖が可能です。繁殖する条件は十分な湿度と栄養です。カビ、藻(も)、苔(コケ)は新築したばかりの、防水機能の高い外壁塗装には繁殖せず、経年劣化で防水機能が落ちた外壁塗装に繁殖します。カビ、藻(も)、苔(コケ)が繁殖した時は、外壁塗装をするサインの一つと考えてください。

塗膜の剥れ

外壁塗装の塗膜の剥れとは、外壁塗装の塗膜がまるで「薄っぺらい海苔」のようにペラペラと剝がれている状態をいいます。外壁塗装の塗膜の剥れの原因としては、経年劣化や下処理の不具合などの理由があげられます。外壁塗装の塗膜の剥れをそのままにしておくと、建物の外壁下地を「外壁塗装」というバリアがない状態にしてしまうことになります。建物の下地は常に紫外線や雨風にさらされ、劣化が進んでいきます。塗膜の剥れを見つけたら、外壁塗装時期のサインだと思ってください。

シーリング劣化

シーリングは別名コーキングともいわれ、建物の隙間をゴムの様な弾力のある詰材で雨水が入らないように密閉して塞いでしまうものです。外壁塗装のシーリングも経年劣化を起こすと、「ひび割れ→破断→剥離」を起こし最後は完全に剥離してしまいます。外壁塗装のシーリングがひび割れを起こし始めると雨水が家の中に侵入して、今度は家の中を劣化させます。外壁塗装のシーリングの「ひび割れ、破断、剥離」が見られる時は、外壁塗装時期のサインです。家自体の劣化を防ぐた為、早めの外壁塗装をおすすめします。

木部の浮き、はがれ

外壁塗装の「浮き」とは、塗装がふくらみ浮いてくる状態です。「剝がれ」とは塗装がはがれている状態です。外壁塗装の木部の浮きはがれの原因は、外壁塗装の耐久年数を超え、経年劣化がによるものです。下地が木部なので、外壁塗装の浮きやはがれを発見した時は、木部下地が紫外線や雨風にさらされ劣化していく為、早めの外壁塗装をおすすめします。

お問い合せは TEL 0120-16-4986 AM9:00~PM5:00

PAGETOP
Copyright © 住宅美人株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.