大阪堺市 | 外壁の塗り替え、外壁リフォームのプロフェッショナル 住宅美人株式会社

外壁塗装見積もりの落とし穴

  • HOME »
  • 外壁塗装見積もりの落とし穴

戸建ての外壁塗装の見積もりで気をつけたいこと

外壁塗装会社の営業マンが訪問後わずか数分で作成した見積もり

外壁塗装会社に雇われている営業マンが、飛び込み営業でお客様の自宅の外壁塗装の見積もりを、わずか数分でお客様に手渡す場合には注意が必要です。
このような営業マンは、ほとんど外壁塗装の知識がありません。もしかしたら、3か月前に雇われたばかりの営業マンかもしれませんし、1ヶ月後には辞めている可能性もあります。
外壁塗装会社の営業マンは入れ替わりが激しいという背景があるからです。

外壁塗装会社がこの手の営業マンに求めるものは、外壁塗装の知識などではなく、いかに早く目の前のお客さんから仕事を依頼してもらうかです。
そのために、手をかけた見積もりはせず、縦横のおおよその長さと、仕上がりの塗料だけの条件だけで見積金額をその場で決めています。
この二つの条件だけなら、素人でもすぐに見積もりができるようになるからです。見積もりの時間が早すぎる場合、大雑把な見積もりとなり、さらに割高に設定されている可能性が高いので注意したいものです。

「外壁工事一式〇〇円」とだけしか書いていない見積もり

いままでに、なんらかの工事をしたことのある方は、施工業者で見積もりを取られた経験があるかと思いますが、どのような見積もりだったでしょうか?
外壁塗装をする会社の中には「外壁工事一式〇〇円」とだけしか書いていない見積もりをだす業者がいます。この見積もりの問題点はどこにあるでしょうか?
この見積もりの問題点は、塗装の面積、どんな塗料を使うのか、下地処理はするのか、足場は建てるのか、養生はどうするのか、などの塗装工事に関する情報が何もわからないということです。
つまり、この外壁塗装の値段が適正かどうかを判断することががわからないのです。また、その仕上げで後々問題がないのかどうかもわかりません。
このように見積もりを「外壁工事一式〇〇円」としか出さない外壁塗装会社は、注意が必要です。

「塗料メーカー」「商品名」がない見積もり

通常、見積もり書には、アクリル塗装、シリコン塗装などの塗料の種類の名前がのっていますが、「塗料メーカー」「商品名」などが記載がない見積書を見受けます。
塗装が多少わかる人であれば、シリコン塗装の耐用年数がわかる方もいるでしょう。近年は、ネットや塗装店に聞くなどで、おおよその耐用年数を知ることも可能です。
ところが、同じシリコン塗装でも、6000円の物もあれば、3000円の物もあり、値段も耐用年数も倍ほどの差があります。
「塗料メーカー」「商品名」があればどんな塗料か調べることができますが、シリコン塗装としか記載がなければ、どこの塗料メーカーで、どんな商品なのかもわかりません。
また耐用年数の予想もつかないので、次回の外壁塗装の準備も見当がつきません。見積もり書には、「塗料メーカー」「商品名」がある見積もりを出してもらった方が良いでしょう。

お問い合せは TEL 0120-16-4986 AM9:00~PM5:00

PAGETOP
Copyright © 住宅美人株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.